日記

3日続いたらすごい

今日の読書 「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」

 

  息子と姪っ子と本屋へ行った。

それぞれに一冊ずつ買う。

 

 

読みたい本を一冊だけ買って、すぐに読む。

これが最近のあたしの本屋さんルール。

昔は暇さえあれば本読んでたのでまとめて何冊か買ってたけれど、最近はスマホの誘惑が強くてなかなか本を読む時間って奪われがち。

なので積読増えちゃうからまとめ買いは禁止。

 

 

自分にはこれを選んだ。

読み終わったら長男→姪っ子→次男の順に貸そう。

 

 

 すごく読みやすいしなにより文章も内容もとてもきれいだ。

知的でスマートな大人がすごくやさしく書いた経済の本。

 

 

若者が社会に出る前にまず読んでみたらいいと思う。

経済ってなんだ?真正面から経済について語ってくれている。

 

最近、成功者の起業やお金の話の本って多いよね。

若い子向きにすごくエネルギッシュな本もいっぱい出てる。

うちの息子たちもそんな本を夢中で読んでる。

いま、成功している人たちの話は気持ちいい。

言葉もとても強い。

今は一冊でも多く読めばいいと思う。

 

けど、ちがう角度で彼らのことや、今のニッポン経済を考えるいい機会だ。

この本を読んで、ぜひ息子たちや姪っ子の感想が聞きたい。

 

 

偉そうなこと書いてるけどまだ途中。

今日は夕方から病院だから本読む時間たっぷりあるし。

とりあえず、全部読み終わったらちゃんと感想書こうかな。

 

弁当箱

やばいやばい。

マジで三日坊主やん・・・

 

 

 

息子が弁当箱を学校に置き忘れ、一向に持って帰ってこない。

もう1週間以上たつ。

 

中身が入ったままだという。

どんな状態なのか怖すぎて思考停止中。

 

 

前に撮った弁当写真。

f:id:mimi_01:20190604141539j:plain

息子のはでかい方。

小さいのはあたしの。

 

帰ってきても使えないよ。

お気に入りだったのに。

だらだらと流す

 

長いことぐだぐだな生活をしてたんだけど、最近少し目が覚めたというか。

 
ぐだぐだ、っていうか、日々に追われてた。
やっとゆっくり自分の時間が作れるようになったかな。
忙しいと、ほんと今やらないといけないことだけこなす毎日になってしまってて。
 
余裕が出来たことではじめたこと。
ひとつめ。
 
仕事中の音楽を英語のDJが話す番組にした。
だらだらと流す。英語を聞き流す。
 
 

 これとか

Dj Phase's Podcast

Dj Phase's Podcast

  • Dj Phase
  • ミュージック
  • ¥0

 

 
あー
 
外国旅行行きたい。
 
 

 

新潮社の波が毎月届く。

波、しってる?

 

 

 

波 2019年 04 月号 [雑誌]

 

一冊100円 

 

年間購読してるから、1年間毎月届く。

12ヶ月で千円也。ちょっと安くなる。

 

もともと十分安いからなんとなく申し訳ない気分。

 



新潮社の本の紹介をいろんな著名人が書いてる。

あ、次これ読むかなって思ってメモして、駅前の本屋さんで探すのも楽しい。



ちょっと読むのにちょうどいいサイズだし。


A5サイズだから、トイレやお風呂で読むのにもいいよ。

メスキータ

 

 オランダのアーティスト、サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ。

 

エッシャーの師匠なんだって。 

だまし絵の不思議な絵の人ね。

 

師匠、版画なんだけど、めちゃくちゃかっこいい。

 

  

f:id:mimi_01:20190530173704j:plain

《ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像》1922年

 

 

 

これとか。

 

f:id:mimi_01:20190530180144j:plain

《トーガを着た男》1923年 

 

 

すごいね。

東京で展覧会「メスキータ Samuel Jessurun de Mesquita」。

いいな。行きたい。

遠いなぁ。